代々木上原駅前内科クリニック

代々木上原駅前内科クリニック

辛くない安心な胃内視鏡

Endoscopy

辛くない安心な胃内視鏡Endoscopy

内視鏡検査

胃内視鏡は正確には上部消化管内視鏡検査と呼ばれ、胃のほかに咽頭喉頭の一部、全食道、十二指腸の一部まで、口から1メートルほどの範囲を観察する検査です。
代々木上原駅前内科クリニックでは、豊富な検査経験、指導能力、そして高い水準の診療能力を備えると学会から認定され、専門医を育成する立場である日本消化器内視鏡学会の指導医資格を持つ院長自らが、全ての検査を担当いたします。
検査方法は人気のある鼻からの内視鏡のほかに、通常の口からの内視鏡検査、また鎮静剤を組み合わせて眠った状態で行う鎮静麻酔下検査がお受けいただけます。
さらに内視鏡診断機器は、「高精細の画像や色彩、構造の強調が必要に応じてできるハイビジョン内視鏡システム」「特殊光により粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調して観察し、食道がん・胃がん・大腸がんなどの早期発見を可能とするNBIシステム」を導入しています。

個々に合わせた最適な検査方法

胃内視鏡は一生に一度受ければよい検査ではなく、一般的には定期的に複数回行うものです。そのため、代々木上原駅前内科クリニックで少しでも辛くない検査をお受けいただき、今後の検査前の憂鬱、検査中の苦痛を少しでも取り除きたいと考えております。
代々木上原駅前内科クリニックでは可能な限り体の負担を減らすべく、鼻からの検査にも使用できる最新の極細スコープを採用しておりますが、患者さんの中には過去に鼻からの内視鏡をやって、周りに聞いていたより辛くて困ったという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?辛くない胃内視鏡の方法は患者さんの状態により個々に違います。中には鼻からの検査をお勧めしない患者さんもいらっしゃいます。代々木上原駅前内科クリニックでは、胃内視鏡検査が必要な方には、検査のやり方についてもよく相談して、その方に一番合った辛くない検査をご案内しております。過去に辛い思いをされて再検査をためらっている方は、是非一度代々木上原駅前内科クリニックまでご相談ください。20,000症例以上の検査経験を持つ院長が対応させていただきます。

胃内視鏡でわかる病気

  • 咽頭喉頭
    咽喉頭がん、良性ポリープ、など
  • 食道
    食道がん、良性ポリープ、逆流性食道炎、バレット食道、好酸球性食道炎、食道憩室症、食道裂孔ヘルニア、食道アカラシア、食道静脈瘤、マロリーワイス症候群、など

  • 胃がん、胃かいよう、胃ポリープ、ヘリコバクター感染性胃炎、急性胃炎、胃粘膜下腫瘍、悪性リンパ腫、アニサキス症、など
  • 十二指腸
    十二指腸がん、十二指腸かいよう、十二指腸ポリープ、十二指腸炎、など

検査の申し込みと検査当日の流れ

1.外来受診
まずは医師の診察を受けていただき、検査の予約をいたします。診察は予約不要ですので診療時間にいつでもお越しください。ご受診の際に検査の方法や使用するお薬など詳しいお話をさせていただきます。
2.内視鏡検査説明
看護師よりパンフレットを用いて検査前や当日の流れをご説明いたします。
3.内視鏡検査前日
パンフレットの内容をご参考にお食事、飲水や薬の服用をしてください。
4.内視鏡検査当日
  • 検査前の問診票により必要事項を確認します。
  • 経口検査(口からの検査):局所麻酔液(リドカイン)を口に含んでのどに麻酔をかけます。
  • 経鼻検査(鼻からの検査):局所麻酔液や鼻の欠陥を収縮させる薬(ナファゾリン)を鼻より注入します。
  • 鎮静剤をご希望の方は処置室で点滴の準備をします。
  • 検査
    内視鏡検査には検査医のほかに必ず内視鏡検査技師資格を持つ看護師が介助に入り、検査を受けられる方の状態を常に観察します。検査は5〜10分程度かかります。
  • 検査後
    鎮静剤を使用された方はリカバリールームで15~30分ほど休憩していただきます。その後待合室でもう15〜30分ほど状況を確認させていただきます。
  • 内視鏡検査結果説明
    検査終了後に検査医師より写真をお見せしながら説明いたします。必要に応じて内服薬が処方されることもあります。病理検査や血液検査が追加された方は、1週間後に外来にて改めて検査結果をご説明いたします。
  • 帰宅
    検査を受けられた方に合わせて看護師より当日以降の生活・食事指導をさせていただきます。

胃内視鏡検査を受けるときの注意点

お食事にご注意ください。

検査前日の夕食は午後8時頃までに済ませてください。水分(牛乳、ジュース以外)は適度にとっても結構です。
検査当日は朝から食事を摂らないでください。水やスポーツ飲料、お茶など透明なものは飲んでも構いません。

普段飲んでいるお薬にご注意ください。

検査当日に服用すべき薬、また服用してはいけない薬がある方がいらっしゃいます。検査予約時に普段飲んでいるお薬を確認いたしますので、お薬手帳をお持ちの方はご持参ください。

来院時の交通手段にご注意ください。

検査時に鎮痛剤や鎮静剤の使用をご希望の方は、自転車やバイク、自動車を運転されての来院をお控えください。万が一帰宅時にこれらの運転をしないといけない状況であることが確認された際は、鎮静下の検査をご案内できないことがあります。予めご了承ください。