代々木上原駅前内科クリニック

代々木上原駅前内科クリニック

辛くない安心な大腸内視鏡

Endoscopy

辛くない安心な
大腸内視鏡Endoscopy

内視鏡検査

大腸内視鏡は下部消化管内視鏡検査とも呼ばれ、直腸から盲腸までの大腸全体と、さらに小腸の一部である回腸末端までスコープを挿入して1メートルほどの範囲を観察する検査です。
代々木上原駅前内科クリニックでは、豊富な検査経験、指導能力、そして高い水準の診療能力を備えると学会から認定され、専門医を育成する立場である日本消化器内視鏡学会の指導医資格を持つ院長自らが、全ての検査を担当いたします。
さらに内視鏡診断機器は、「高精細の画像や色彩、構造の強調が必要に応じてできるハイビジョン内視鏡システム」「特殊光により粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調して観察し、食道がん・胃がん・大腸がんなどの早期発見を可能とするNBIシステム」を導入しています。
代々木上原駅前内科クリニックでは細径スコープを用いて無送気軸保持短縮法にて挿入することを基本手技とします。さらに観察治療時には通常空気を注入して腸管を膨らませるところを炭酸ガスに変更することにより極力おなかの張りを防ぐようにしています。これだけでも従来法に比べて十分“辛くない”内視鏡をお受けいただけますが、さらに少量の鎮痛剤と、ご希望に応じて入眠できる程度の鎮静剤の注射を併用することにより、気が付いたら終わっているような全く“辛くない内視鏡“を実現できます。これまで苦痛のない大腸内視鏡を実践するために様々な検討をしてまいりましたが、現時点ではこの「細径スコープ+無送気軸保持短縮法+炭酸ガス送気+適正な鎮痛鎮静剤使用」が、最も苦痛の少ない大腸内視鏡検査に対する最適解と考えています。

無送気軸保持短縮法

一般的な大腸内視鏡検査は腸内に空気を入れて腸を膨らませ、さらに腸を伸ばしながらスコープを進めるため、お腹全体がとても苦しくなってしまいます。強い痛みのために検査を中断することや時には腸管穿孔(腸に穴があく)といった重篤な合併症が引き起こされることもあります。
 代々木上原駅前内科クリニックの大腸内視鏡検査は、“無送気軸保持短縮法“という挿入方法を用いて検査を行っております。この手法は腸に空気を入れることなく、かつ腸を伸ばすことなく曲がりを修正しながらほぼ直線的にスコープを進めていくため、圧倒的に痛みが少なく体にも優しい理想的な挿入方法です。一昔前はごく一部の内視鏡医しか実践していなかった特殊ともいえる手技でしたが、最近はこの無送気軸保持短縮挿入法を謳っている内視鏡施設も少しずつ増えてきました。しかし、この挿入方法が現在においても非常に多くの経験や修練を要する難しい手法であることに変わりなく、本挿入法を高いレベルで実践できる内視鏡医はまだまだ希少と言わざるを得ません。

大腸内視鏡でわかる病気

  • 腫瘍性病変
    大腸がん、大腸ポリープ、大腸粘膜下腫瘍など
  • 炎症性疾患
    感染性腸炎、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、ベーチェット病、腸結核など
  • そのほか
    大腸憩室、大腸潰瘍、静脈瘤、腸管拡張や狭窄など
  • 肛門疾患
    肛門がん、肛門ポリープ、痔核、痔ろうなど

検査の申し込みと検査当日の流れ

1.外来受診
まずは医師の診察を受けていただき、検査の予約をいたします。診察は予約不要ですので診療時間にいつでもお越しください。ご受診の際に検査の方法や使用するお薬など詳しいお話をさせていただきます。
2.内視鏡検査説明
看護師よりパンフレットを用いて検査前や当日の流れをご説明いたします。
3.内視鏡検査前日
パンフレットの内容をご参考にお食事、飲水や薬の服用をしてください。
普段高度の便秘の方や、以前大腸検査で前処置が十分うまくいかなかった方は状況により2〜3日前より食事のご注意や下剤の内服をお願いすることがあります。
4.内視鏡検査当日
院内での洗腸剤服用の方
  • 午前中ご指定の時間に来院し、体調チェックの上、問診票で必要事項を確認します。
  • 看護師より洗腸剤の説明を受け、液体洗腸剤(モビプレップⓇ)の服用を開始します*。
  • 服用開始から前処置が完了するまで大体3時間ほどかかります。服用中はクリニック内でお過ごしいただくほか、ご希望により一時外出することも可能です。
自宅で洗腸剤服用の方
  • ご希望があれば体調や状況により自宅での前処置をすることが可能です。
  • 外来受診の際に自宅前処置法の説明をお聞きいただき、洗腸剤を持ち帰ります。
  • 検査当日は検査開始4時間前を目安に洗腸剤の内服を開始します。
  • 服用開始後2時間ほどはトイレに通う回数が多いですが、きれいになるとともに排便回数や量も減り、最終的には歩いたり電車での移動も可能になります。検査1時間前を目安にクリニックにお越しください。
  • 万が一自宅で洗腸剤を内服中に具合が悪くなったり問題が生じたりした際は、内服を中断の上、速やかにクリニックにお電話ください。
  • 看護師が適宜排便状況を確認し、前処置の進行具合を確認します。
  • 前処置が十分で検査可能と判断されたら、検査着に着替え検査の準備をします。
  • 鎮静剤をご希望の方は処置室で点滴を開始します。
  • 検査
    内視鏡検査には検査医のほかに内視鏡検査技師資格を持つ看護師が検査の介助につきます。検査自体は10〜15分ほどで終わりますが、ポリープ切除が追加された際は20〜30分ほどかかることもあります。
  • 検査後
    鎮静剤を使用された方はリカバリールームで15〜30分ほど休憩していただきます。その後待合室でもう30分ほど体調の変化を確認させていただきます。
  • 内視鏡検査結果説明
    検査終了後に検査医師より写真をお見せしながら説明いたします。必要に応じて内服薬が処方されることもあります。病理検査や血液検査が追加された方は、1週間後に外来にて改めて検査結果をご説明いたします。
  • 帰宅
    検査を受けられた方お一人おひとりに合わせて看護師より当日以降の生活・食事指導をさせていただきます。

*過去にモビプレップを服用して気分が悪くなったり、前処置がうまくいかなかったりしたことのある方はご相談ください。代々木上原駅前内科クリニックではモビプレップによる前処置法を基本としておりますが、一般に大腸内視鏡検査で使用されている様々な洗腸剤の使用経験を下に、お一人おひとりにあった前処置のご提案が可能です。

大腸内視鏡検査を受けるときの注意点

お食事にご注意ください。

検査前の説明やお渡ししたパンフレットを参考に前日の食事内容をご注意ください。食事内容によっては検査当日の腸洗浄がうまくいかないことがあります。
検査当日は朝から食事を摂らないでください。水やスポーツ飲料、お茶などは飲んでも構いません。

普段飲んでいるお薬にご注意ください。

検査当日に服用すべき薬、また服用してはいけない薬がある方がいらっしゃいます。検査予約時に普段飲んでいるお薬を確認いたしますので、お薬手帳をお持ちの方はご持参ください。

来院時の交通手段にご注意ください。

検査時に鎮痛剤や鎮静剤の使用をご希望の方は、自転車やバイク、自動車での来院をお控えください。万が一帰宅時にこれらの運転をしないといけない状況であることが確認された際は、鎮静下の検査をご案内できないことがあります。予めご了承ください。

検査後のご予定にご注意ください。

ポリープ切除がされた患者さんには、状況により3-7日ほどの生活制限をお願いすることがあります。具体的にはアルコールや刺激物の摂取、スポーツ、遠出の出張・旅行、温泉などになります。検査直後に特別なご予定のある方はお申し込み時にご相談ください。