代々木上原駅前内科クリニック

ネット予約

代々木上原駅前内科クリニック

代々木上原駅前内科クリニックの内視鏡検査の特徴

Endoscopy

代々木上原駅前内科
クリニックの
内視鏡検査の特徴Endoscopy

1.内視鏡専門医による苦痛の少ない安心な検査

代々木上原駅前内科クリニックでは、内視鏡検査全例を検査経験の豊富な院長自らが施行しています。
代々木上原駅前内科クリニックの大田院長は主に東京大学消化器内科と光学医療診療部(内視鏡部)で内視鏡経験を重ねてきました。これまでの検査経験数は20,000症例を超え、特に山王病院では内視鏡室長として政界財界の要人や他施設での検査困難症例を数多く引き受けてきました。患者さんとしては内視鏡専門医をはじめとして医師、医療従事者からも指名が多いのが特徴です。
検査に際してはこれまでの検査経験や現在の体調、状態をよく確認したうえで、患者の皆さんに最適な“辛くない安心な内視鏡検査“を提供できるよう努めております。過去に内視鏡検査で辛い思いをされた方、また検査をしたことがなく不安な方は是非当院で一度ご相談ください。

2.内視鏡検査技師資格を持った看護師が検査を担当

代々木上原駅前内科クリニックでは内視鏡検査技師の専門資格を持った看護師の指導の下に全検査の前処置、検査介助が行われておりますのでご安心ください。検査の説明やご質問に対しても、最新の知見を取り入れてより専門的な立場からご対応させていただけます。

3.高性能の内視鏡システム

代々木上原駅前内科クリニックでは胃内視鏡にオリンパス社製の経鼻用細径スコープを、また大腸内視鏡にも同じくオリンパス社製の拡大機能付き細径スコープを選択しました。さらにさらに内視鏡診断機器は、「高精細の画像や色彩、構造の強調が必要に応じてできるハイビジョン内視鏡システム」「特殊光により粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調して観察し、食道がん・胃がん・大腸がんなどの早期発見を可能とするNBIシステム」を導入しています。現状、わたしたちの診断治療技術を余すところなく患者さんにお伝えできる最良のシステムの1つと考えております。

4.徹底した感染防御対策

代々木上原駅前内科クリニックでは内視鏡検査に関連した感染症の伝播はあってはならないこととしており、日本消化器内視鏡学会認定の指導施設に準拠した洗浄マニュアルを作成遵守し、徹底した感染対策をとることで、患者-患者間、また医療従事者―患者間の様々な感染防御を施しております。また様々な検査治療器具は可能な限り使い捨て器具を使用し、感染原因となる処置器具の再利用を避けるよう配慮しております。もし代々木上原駅前内科クリニックの感染症対策で気になることがありましたら医師または内視鏡担当看護師に遠慮なくご質問ください。

5.患者さんに合わせた検査方法の選択

代々木上原駅前内科クリニックでは患者さんに“辛くない安心な内視鏡”を提供することを重要な使命と考えて日々努力を重ねておりますが、辛くない内視鏡の方法は患者さんによって違うものです。代々木上原駅前内科クリニックでは患者さんと事前に相談して個々に最適な検査をご案内できるよう努めております。

  • 胃内視鏡:口からの検査(経口)か鼻からの検査(経鼻)か
  • 大腸内視鏡:自宅での前処置(下剤の服用)かクリニックでの前処置か
  • 鎮痛剤や鎮静剤を使用するか
  • 午前か午後か、平日がお忙しい方は土曜日の検査も案内しております
  • 胃内視鏡と大腸内視鏡を同時にできます

6.内視鏡検査当日に結果がわかる迅速ピロリ菌検査

代々木上原駅前内科クリニックでは検査中に施行医がヘリコバクター・ピロリ菌感染の可能性が高いと判断した場合、内視鏡検査中に胃組織の採取をして、迅速検査を施行することが可能です。これにより検査同日に約2時間で感染の有無を確定することが可能です。(なお、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染の有無を調べる検査方法はこの胃組織を採取する方法以外にも血液検査や呼気検査、検便検査など複数の検査があり、個々に長所短所があります。代々木上原駅前内科クリニックでも必ずしも組織採取による感染確認を勧めないこともあります。詳しくは医師にお尋ねください。)
[*現在本検査を一時中止しております。詳しくは医師にお尋ねください。]

7.大腸内視鏡検査時に同時に行う日帰りポリープ切除

大腸内視鏡中に認めたポリープに関しては、切除の適応があると判断された際は、その場で可能な限り切除術まで行います。代々木上原駅前内科クリニックでは高周波装置を用いた従来のポリープ切除術に加えて、術後出血の極めて少ないコールドスネア切除法にも習熟しており、見つかったポリープの大半が代々木上原駅前内科クリニックの日帰り処置で治療可能となります。

8.胃内視鏡と大腸内視鏡を同時に行える

代々木上原駅前内科クリニックでは同日中に胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を連続して行うことができます(両方でわずか20-30分程度です)。同時に行うことによって通院回数が減り、医療費がお安くなります。お忙しくてなかなか検査時間の取れない方、一度の来院で済ませてしまいたい方には特にお勧めです。

9.女性でも恥ずかしくない、プライバシーに配慮した検査

代々木上原駅前内科クリニックでは女性の患者さんの割合が多く、女性も安心してお受けいただけるような検査を案内しております。

  • 男女共用のトイレのほかに女性専用トイレをご用意しております。
  • 内視鏡室に直結の更衣室があり、そこで検査着に着替えていただきます。あるいは胃内視鏡検査に関してはご希望がなければお着替えいただかなくともお受けいただけます(もちろん検査中は汚れないようにエプロンなど装着していただきます)。
  • 大腸検査の検査着は着物スタイルの上着に使い捨ての紙製のズボンタイプの仕様で、周囲から見ても特に恥ずかしいスタイルではありませんが、内視鏡室やリカバリールームは近接しているため、基本的にほかの患者さんに会うことはほとんどありません。
  • 検査中は女性看護師か検査助手が常に介助について適宜お声がけしますので安心です。
  • 検査後は身支度を整えてリカバリー室にご案内し、休憩していただきます。このスペースもカーテンで仕切られた半個室ですので、ほかの患者さんに見られることはありません。
  • 最後お帰り前に処置室内の化粧台で身支度を整えていただくことができます。

10.検査中にモニタで検査治療状況を確認

代々木上原駅前内科クリニックではご希望のある方には一緒に画面を見ていただいて説明を聞きながら検査をお受けいただくこともできます。患者さんによっては画面を見ると緊張するので好まれない方もいらっしゃるし、むしろ実際に画面を見て説明を聞きながら検査を受ける方が安心するという方もいらっしゃいます。ご要望があれば検査の際にお声がけください。

11.検査後はリカバリー室でゆっくり休憩

鎮静麻酔下検査を施行した方は検査後にリカバリー室でスタッフの見守りの下に15-30分ほど休憩していただきます。素敵なリクライニングシートをご用意しましたのでお帰り前にしっかり休憩されて体調を整えてください。

12.検査当日に検査結果説明

せっかく検査を無事楽に終えてほっとしてお帰りになっても、今度は検査結果が気になって次回の外来診察まで不安が続くのでは“辛くない安心な内視鏡”を目指すわたしたちにとっては少々残念です。代々木上原駅前内科クリニックでは検査当日お帰り前に可能な限り検査結果をお伝えし、必要に応じて薬の処方や今後の治療方針のご案内もいたします。追加で血液検査や病理検査を施行した方は、やはり後日診察時に最終結果をお伝えいたしますが、それでもなぜ病理検査をしたか、またどの程度心配な状況かなど、重要なことはなるべく当日お話しするようにいたします。
ただし検査当日は、緊張していたり、鎮静剤の影響でぼーっとしていたりして、検査結果をお話しても十分ご理解いただくのが難しいこともあります。重要な結果は後日時間をいただいて再度ご説明させていただきます。